BLOG

次へ>>

対談ブログ「NDソフト丸尾選手」前編[ブログ]

投稿日時:2018/01/25(木) 14:13

対談ブログ01

【 NDソフトアスリートクラブ 丸尾尚史選手 】

ランナーズエイドとご縁のあるランナーのインタビューブログです。自分以外のランナーが走ることにどんな風に向き合っているのかを知ることで、日頃の取り組みにひとつでもプラスにして欲しい。
ランナーズエイドは希望と安心に満ちたランニングライフのサポートを通じて、健体康心な社会づくりを目指します。
 

1.陸上をはじめたきっかけは?

 水泳練習のために抜けられる部活だった

後藤敏雄(以下、後藤):陸上をはじめたきっかけについてお聞きしたいんですけど、いつから陸上ははじめられたんですか?
 
丸尾尚史(以下、丸尾):本格的にはじめたのは中学一年で陸上部に入ってからですね。小学一年からスイミングクラブに通っていて、その先輩や友人がみんな陸上部に入っていました。学校に水泳部がなかったので、習い事で水泳の練習に行けるように、途中で抜けられる部活は個人種目のものがいいということで(笑)。
 
後藤:走ることよりも水泳をやりたかったんですね。興味もなかった?
 
丸尾:習い事は水泳、部活は陸上というかたちで中学三年まで水泳は続けました。走ること自体は好きで、他の人よりそこそこ速かった方なんで興味はありました。小学校でクラスの速い子たちを集めて駅伝や陸上大会にも出たりしていました。
 
後藤:速く走れることが嬉しかったり、走ることに前向きになれるキッカケの出来事なんかはあったりしましたか?僕の場合は小学校のときに、持久走大会でいつも4番手だった。あるとき母親が健康のためにジョギングをはじめたのね。遊び半分で一緒に走り出したわけなんだけど、小学校五年生の持久走大会でいきなり一番になっちゃって。そこがキッカケになって走ることにハマりだしたというのはあるんですよね。
 
丸尾:スイッチが入ったのは陸上競技をちゃんとやってからですね。中学一年の最初は同級生の女子よりも遅いくらいだったんですけど、だんだん記録も伸びてきて、やればやるだけ伸びていったのは面白かったですね。
 
後藤:水泳ではそうやって伸びることはなかったの?
 
丸尾:水泳でもそういう時期はありました。でも、陸上の方が周りに対して通用したっていうか。全道大会に出れたりもしました。
 
後藤:全道大会って、北海道広いし出るのは大変なことだったんじゃない?
 
丸尾:当時の北海道はそんなに陸上のレベルが高くなかったんです。標準記録を切れれば出られるという感じでした。3,000mでいうと10分ちょうどですね。一年生のときは無理だったんですけど、新人戦で推薦をもらって初めて出た全道大会では9分台を出しました。
 
後藤:僕は中学三年で3,000mが10分14秒だったんだけど、とても9分台とか出る気がしなかったもんね。地元の飯能で9分30秒台とかで走ってる人の意味が分からなかった(笑)レベルが違い過ぎちゃって。それで高校進学は陸上推薦の話が来たのかな?
 
丸尾:そうですね。来ました。中学三年のときは北海道で二番だったので。
 
後藤:え?二番!?すごいなそれ!
 
丸尾:順調に記録も伸びて、3,000mは9分01秒まで行きました。
 
後藤:えーーーーーーーーー!!!
 
丸尾:(笑)
 
後藤:めちゃめちゃ速いじゃん!そりゃ高校も放っておかないよね。それでいろいろな学校から声が掛かったわけですね。
 
丸尾:そうですね。東海大四高とか、いろんなところから話は来ました。
 
後藤:なるほどね。それで名門室蘭大谷高校への道が拓けたわけですね。
 

2.陸上をはじめて嬉しかったことは?

 3秒差の勝利

後藤:陸上を始めて嬉しかった出来事ってどんな事ですか?
 
丸尾:そうですね、嬉しかったのは最近だと二年前になります。今の実業団チームではじめてニューイヤー駅伝に出場したときは嬉しかったですね。わたしは走っていないんですけど、予選は本当に最後の最後まで接戦で。ボーダーラインで争っていて、最後は3秒差で競り勝ちました。
 
後藤:それはすごいね。ちなみに後ろのチームは?

丸尾:サンベルクスです。その前の年にサンベルクスに5秒差で負けていたんですよ。それでニューイヤー本戦に出られなかったんですよね。

後藤:個人的に嬉しかったりしたことはある?
 
丸尾:うーん、そうですね。やっぱり自己ベストを更新すると嬉しいですね。
 
後藤:やっぱりやってきた事の結果が出るときは一番嬉しいよね。
 

3.陸上をはじめて悔しかったことは?

 消極的なレース展開

後藤:逆に悔しかったなーと思ったことってどんなことですか?
 
丸尾:けっこう良い練習が出来てて、自己ベストを出せると思っていたレースでうまくいかなかった時とかですね。すごく悔しいです。
 
後藤:ここは絶対に取りに行く!みたいな時のね。そういうときの失敗って何が原因なんだろう。気負いすぎてペースが乱れたりとか?
 
丸尾:本当に調子が良いときは、記録を狙おうとして逆に抑えちゃうみたいな。前半の展開でですね。それで集団の前の方に行けなくなってしまって、そのまま上がることが出来なくなってしまって。
 
後藤:あー、リズム掴めずにね。
 
丸尾:はい。それで終わっちゃうのはもったいないなぁと思ったりします。記録を出そうと思って、前半に突っ込みすぎない様に消極的になってしまって。
 
後藤:逆に言うと、自己ベストが出るときのレース展開はどんな感じなの?
 
丸尾:トラックレースで自己ベストを出すときは、だいたい前から3番手辺りでずっと走っていて、先頭集団で走っていることが多かったですね。
 
後藤:先頭集団でいるときの心境って、キツイなぁとか思いながら着いてるわけ?
 
丸尾:自己ベストが出るときは、あまりそういう感情は出ないですね。何かを考えながらというより、夢中になっている感覚ですね。実はベストを出したレースの最中をあまり覚えてないんですよ(笑)
 
後藤:完全に集中しきって、入っちゃってる感じなんだね。スタート前は、レースの展開を予想するってこともしない?こんな感じでいけたらいいな、とか。通過タイムはこれぐらいで行こうかなとか。
 
丸尾:通過とかも考えないですね。
 
後藤:とにかく集団の前の方に着いて行って、良い位置で展開しようとか、そんな感じなのかな?
 
丸尾:そんな感じですね。
 
後藤:数字的な設定タイムに沿ってキチッと行こうというよりは、全体の流れを汲み取って前の方でゴールしようとか、そういう感じなんだね。
 
丸尾:良いときはいつもそんな感じで走ってますね。
 
後藤:わりと競技でやってる人たちって、動物的なところ強いよね(笑)
 
丸尾:(笑)
 

つづく


「NDソフトアスリートクラブ」
NDソフトウェア株式会社
山形県南陽市和田3369
http://www.ndsoft.jp/ndac/

 

RACランニングスクールin織田フィールド[ブログ]

投稿日時:2017/08/02(水) 23:47

ランナーズエイドカイロプラクティック
ランニングスクール
 
水曜日恒例、渋谷区代々木にあります織田フィールドの
400mトラックを使ったインターバルトレーニング。
 
【本日のトレーニングメニュー】
 (織田フィールド 19:30)
 『400m×12本』
  
インターバルトレーニングのひとつのコツとしては
リカバリーをどう繋ぐのか?というポイントがあります。

今回はリカバリーを200mのジョグで繋ぎました。
このリカバリー、回復をしきらないほどまで削って
しまうと、後半の本数でペースがダダ下がりになる
ことがあります。
 
競技の世界でいうところの『タレる』という状態です。
 
負荷レベルで言えば90~95%の状態で攻める
わけですが、途中で100%まで追い込んでしまうと
体力が最後まで持たずにタレてしまうわけです。
 
インターバルトレーニングでは血中の乳酸濃度が高まり、
リカバリーすることで出過ぎた乳酸を再びエネルギーに
変換してリスタートします。
 
グリコーゲンを代謝した時に発生するこの乳酸を
負債として抱え込むことなく、再利用していける程度の
回復加減がポイントです。
 
今日も各々で目的を持ってキッチリ走りきりました。
 
★フルマラソン2時間19分のプロフェッショナル
マラソンコーチのレッスンが1,000円から受けられます!
https://smartcoach.jp/coachpage/2199
 


 

RACランニングスクールin飯能トレイルラン[ブログ]

投稿日時:2017/07/29(土) 20:13

ランナーズエイドカイロプラクティック
ランニングスクール
 
夏場のトレーニングは秋のマラソンシーズンに向けて
体力づくりを目的にすることが多いです。
  
【本日のトレーニングメニュー】
 (飯能ドームハウス 8:30)
 『 30kmトレイルラン 』
  【天覧山】→【多峯主山】→【鎌北湖】→【南宮沢湖】
 (注意事項)
・ハチなどに襲われないためにも、なるべく黒い帽子やウェアは
    避けるようにする。
・ハチは甘い香りに寄ってくるため、アメやキャラメルなど口内に
    ためる補給物は避ける
・香水や香りのある整髪料は避ける
・虫が苦手なハッカ系、メントール系の香りを身につける
・肌の露出はなるべく避ける
  
  
トレーニング方法は様々で、伸ばしたい能力によって
まったく違った性質の練習を組んでいきます。
 
今日のスクールは飯能の里山を使ったロング走です。
今回トレイルランニングで得られる目的としては
長い時間走り続ける筋持久力の強化、足首や膝を
支える細かな筋肉の強化、身体のバランスを
支える体幹力の強化、股関節を使った走効率の改善
あたりが主なところでした。
 
こうした目的の場合、決して速く走る必要はなく、
一歩一歩確実に地面を捉えて押し返す意識が大切に
なっていきます。雨上がりで地面が滑りやすいことも
あって、その効果を後押ししてくれました。
  
飯能から日高、毛呂山を周る今回のトレイルランの
コースはとても良くできていて、30km もの間で
走れない区間はほとんどありません。
ほとんどの割合が不整地で、走り終わる頃には
アスファルトが懐かしく思う程です。
  
筋力アップ、走力アップの効果は絶大で、
新電元工業や本田技研工業の実業団チームでも
ここでのトレーニングを組み込むことがあります。
 
山でのトレーニングでは、給水や補給食、トイレの
問題がが課題になることが多いわけですが、
このコースではその心配もありません。
  
今回参加されたメンバーは8月の北海道マラソンに
チャレンジを決めている方たちでした。
きっとこのトレーニングが良いかたちで結果を
アシストしてくれると思っています。
  
★フルマラソン2時間19分のプロフェッショナル
マラソンコーチのレッスンが1,000円から受けられます!
https://smartcoach.jp/coachpage/2199







 

RACランニングスクールin織田フィールド[ブログ]

投稿日時:2017/07/26(水) 23:45

ランナーズエイドカイロプラクティック
ランニングスクール
 
水曜日恒例、代々木公園傍の織田フィールドにて
トラックを使用したインターバルトレーニングを
行いました。
 
【本日のトレーニング】
(織田フィールド 19:30)
『3-2-1-400-200 レペ』
  
インターバルトレーニングには、リカバリーを
しっかり回復させるレペテーションと、回復しきらない
うちに繋げていくものとがあります。
 
レペテーションとは、各本数のペースが高負荷に
設定されることが多く、最大酸素摂取量を高めていく
ために相応しいトレーニングと言えます。
 
今回は
3,000m(リカバリー5分)
2,000m(リカバリー4分)
1,000m(リカバリー3分)
400m(リカバリー2分)
200m
という条件で各自目標値を設定しました。
 
理想はすべての距離で90%以上の追い込みが
出来ることですが、なかなか体力を見越して
ギリギリな状態を攻めることは難しいです。
 
そうした場合は、3,000m、または2,000mまでは
70%程度の負荷(マラソンペースよりやや速い)で
走ってみた上で、残りの距離を苦しくなるまで
速く走ることをオススメしています。
 
皆さんしっかり集中して目的を果たす良い練習に
なりました。
 
★フルマラソン2時間19分のプロフェッショナル
マラソンコーチのレッスンが1,000円から受けられます!
https://smartcoach.jp/coachpage/2199


 

RACランニングスクールin舞浜~お台場[ブログ]

投稿日時:2017/07/22(土) 22:55

ランナーズエイドカイロプラクティック
ランニングスクール
 
今日のスクールは夏場の暑熱順応を意図した走り込みの
野外走LongJogを行いました。
 

【本日スクールの内容】
(丸の内Bike&Run前に6:50)
『 27km 野外走 』
     ※京葉線 東京駅発(府中本町行き7:01発乗車)

  【ディズニーランド】→【新木場トラック】→【お台場潮風公園】

   →【レインボーブリッジ】→【芝浦】→【東銀座】→【東京駅】


スタート地点となる舞浜駅までは京葉線の電車で向かい、
ディズニーランドやディズニーシーへ遊びにいく楽しげな方々を
縫うようにランニングスタート。
 
ディズニーリゾートはぐるりと外側を一周すると皇居と同じ約5kmになります。
水平線や一望できる都内のビル群を堪能し、一路お台場方面へ。
 
新木場に向かう道沿いは林の中をジョギングできる走路が続き、
木陰を取りながら進むことが出来ます。夏の時期にはとても有り難い
コースです。
 
新木場の夢の島公園に到着すると、インターバルを行う予定でいた
サブトラックを小規模なリレーマラソンが使用して、ちょっと
使いずらい雰囲気が流れていました。
 
やむなくインターバルは諦め、お台場を目指して再び走り始め
ました。新木場からはバス通りを抜けてビッグサイトまで向かい、
お台場潮風公園、お台場ビーチを抜けた後はレインボーブリッジを
経由しながら東京駅に帰着しました。
 
途中は熱中症や脱水を予防するために何度も給水休憩を
挟みつつ、概ね1kmを6’00程度のペースでジョグ。
27kmほどの距離を無事に走り終えました。
 
夏の時期は長い距離を走り込む必要性は皆さん知っています。
ですが、なかなか1人では30km近い距離を走ることが難しい
のも現実問題としてあったりします。
 
RACランニングスクールでは、そうした葛藤を埋められるような
練習メニューを提供できるように努めています。
 
同じように悩みをお持ちの方がいらしたら、ぜひご連絡ください。
前向きな仲間が一緒にモチベーションを上げてくれますよ!

★フルマラソン2時間19分のプロフェッショナル
 マラソンコーチレッスンが1,000円から受けられます!
https://smartcoach.jp/coachpage/2199
 








次へ>>

<< 2018年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年6月